• 面倒な手入力が不要になる!交通費精算システムとは

    交通費精算システムとは、企業における精算業務一連の作業を行えるシステムのことです。

    交通費精算システムの様々な情報を掲載しています。

    今まで紙の伝票とエクセル入力で行っていた業務を電子化することで、交通費の入力作業が短縮され、入力間違いを防ぐこともできます。
    多くの交通費精算システムには、精算の際に定期区間の運賃を自動控除する、レシートや領収書を手入力ではなく自動入力する、入力したデータを会計ソフトに連携させ、決算の作業を軽減するなどの機能があるので、交通費を申請する社員、経理担当者それぞれの業務効率化に大きく寄与します。

    反面いくつかのデメリットもあります。経費精算システム導入の際には初期コストがかかることと、会社全体の経費精算業務のルールが大きく変わることに対して、社内教育の時間が必要なことです。


    導入前には、自社の交通費精算業務の問題点をどのように解決したらいいのか、目的を明確に定める必要があるのではないでしょうか。
    目的に合わせたサービスを提供できるベンダー(システムの提供者)に依頼して、自社に合った交通費精算システムを導入するのが良いでしょう。


    「現場の経費精算の手間を軽減する」ことと「データをスムーズに会計ソフトと連携できるようにする」のでは、おのずと適したシステムが変わってきます。


    無料トライアル期間を設けているサービスがほとんどですので、本格的な導入前に利用するのをおすすめします。



    導入すれば確実に社内全体の業務効率アップにつながる交通費精算システム、ベンダーとサービスを慎重に選定し、社内教育を十分に行うことで、導入の失敗を防ぐことができるでしょう。